パソコンをもっと便利に

「上級者も納得のいくツールを初心者にもわかりやすく」をモットーに、パソコンをより便利にするソフトを紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

userchrome.cssとは

userChrome.cssとは、ブラウザ上の表示をコントロールできるスタイルシートです。簡単に言うと、userChrome.cssというファイルの中身を書き換えることで、メニューバーの幅や、タブバーの文字の色など、ブラウザの見た目を変更することができます。




【userChrome.cssの場所】

以下の表の場所にuserChrome.cssがあります。

Windows 2000, XP %APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\(英数字の羅列).(プロファイル名)\chrome\userChrome.css
Windows Vista, 7%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\(英数字の羅列).(プロファイル名)\Chrome\userChrome.css
Unix ~/.mozilla/firefox/(英数字の羅列).(プロファイル名)/chrome/userChrome.css
MacOS X ~/Library/Application Support/Firefox/Profiles/(英数字の羅列).(プロファイル名)/chrome/userChrome.css
MacOS X*4 ~/Library/Application Support/Mozilla/FirefoxProfiles/(英数字の羅列).(プロファイル名)/chrome/userChrome.css


Windows 2000, XPの「%APPDATA%」は主に「C:\Documents and Settings\{ユーザー名}\Application Data」、Windows Vista, 7の「%USERPROFILE%」は主に「C:\Users\{ユーザー名}」の位置にあります(ただし隠しフォルダです)。

おそらく、2000, XPであれば「%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles」を、Vista, 7であれば「%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles」をエクスプローラの上の欄に貼り付けて、その後マウスでフォルダを選択していくのが一番早いでしょう。下の図はWindows 7の例です。

userChrome.css


【直接編集しない方法】

Stylishというアドオンがあります。このアドオンでは同じ機能をFirefoxを再起動せずに反映(有効無効切り替え)・管理(新規、編集、削除)することができるため、userChrome.cssを多様する人には非常に便利です。
Stylishの記事へ

また、userChrome.cssの場所が分からない人や、いまいち編集の仕方が分からない人も、Stylishを使った方がいいかもしれません。



上級者向けの設定ですが、見た目にこだわる人にとっては非常に重要な設定です。

便利なuserChrome.cssのコードがあれば、ここで紹介したいと思います。
スポンサーサイト

| userChrome.css | 13:30 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mottobenrini.blog70.fc2.com/tb.php/38-59abe697

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます

| | 2012/05/07 22:24 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。